オオバクロモジ

クスノキ科 クロモジ属



北海道、本州中部の日本海側に多い落葉低木で、高さは7メートルほどになる。
クロモジに比べ葉も花序も大きく、背丈も大きくなる。葉は長楕円形で、長さ6〜15センチ、初め絹毛があり、のち主脈のみ有毛。葉裏の脈は隆起する(クロモジは隆起しない)。
葉と同時に散形花序を出し、小さい黄緑色の花を多数付ける。花期は4〜5月。



〜徒然想〜

スミレサイシンナガハシスミレコシノコバイモなどを撮り続け、山頂付近の東屋で一休みです。
樹海が開け、目の前にはなだらかな峰が連なっています。それを背景にオオバクロモジの大木が、・・・・。
房状に花を多くぶら下げ、きれいです。
傍らにはタムシバの白も目立ち、東屋で休む二人連れと挨拶しながら、しばし鑑賞です。

2008.4.20 新潟県
2008.4.20 新潟県 2008.4.20 新潟県
2008.4.20 新潟県