シロバナタンポポ

キク科 タンポポ属



道端や草地などに生える多年草で、高さは30〜40センチ。葉は倒披針状線形で、羽状中〜深裂する。
頭花は白色で、直径5センチほど。総苞外片はやや開出し上部に角状突起がある。花期は4〜5月。関東地方以西〜九州に分布するが、分布の中心は西日本であり、関東で見られる花は逸出したものではないかといわれている。



〜徒然想〜

へーぇ、タンポポにも白花があるんだ!と思ったのは、この世界に入ってすぐのことでした。
知るにつれて、近畿以西には、むしろ白花が多いという。だとすると、これらの地域の人には、“タンポポは白い花”ということになるのだろうか。関東人には信じられない。今度大阪の友人に聞いてみましょう。
後に堺市に住む友人に尋ねましたら、やはりタンポポは黄色いということでした。

関東にはカントウタンポポ、関西にはカンサイタンポポがあります。さらには、トウカイタンポポ、その他、・・・
タンポポもなかなか奥深いものがあります。

2012年に広島県で見たキビシロタンポポは、シロバナタンポポによく似た白いタンポポでした。

−同じ科の植物−
2006.4.16 東京都裏高尾
2004.4.11 東京都野川自然観察園
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery