ハッポウウスユキソウ

キク科 ウスユキソウ属



高山帯の蛇紋岩地の草地に生える多年草で、高さは15センチほど。葉は細く、斜め上向きに付くのが特徴。



〜徒然想〜

友人たちとの温泉旅行で、八方に立ち寄ったときに撮りました。少し時間をもらって、さらに上まで一回りです。
キバナノカワラマツバタテヤマウツボグサハッポウタカネセンブリなどを、急ぎ撮り巡ります。

ハッポウウスユキソウは、ミネウスユキソウと思い何気なく撮っておいたですが、数は多かったような気がします。
その他、ハッポウアザミなど、同定に至らない画像が残されており、再訪したいと、ずっと思い続けています。

気が付けば3年を経過していました。月日が経つのは早いものです。
ハッポウウスユキソウは健在で、懐かしく迎えてくれました。→Photo Gallery


2005.7.24 長野県八方尾根
2005.7.24 長野県八方尾根
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery