ヤブデマリ

スイカズラ科 ガマズミ属



山地の谷筋などの湿った林内に生える落葉低木〜小高木で、6メートルほどになる。葉は対生し、楕円形〜広楕円形、先は短く尖り、縁には鈍い鋸歯がある。
枝先の散房花序に両性花と白い装飾花を付ける。装飾花は直径2〜4センチ、深く5裂して平開する。
裂片は1つだけ小さい。花期は5〜6月。



〜徒然想〜

この日の高尾の花散歩は、ウツギガクウツギコゴメウツギと、ウツギの名が付く花の連続です。
その中でもひときわ白く華やかで、蝶が戯れている花がありました。ガクウツギとは違います。ウツギやアジサイの仲間を検索しましたが、どれにも相当しません。綺麗な花なのに名前が分からなくて、しばし悔しい想いをしていました。
しかし、分かってしまえば見分けやすく、1つだけ極端に小さい5弁の装飾花が特徴的です。
オオカメノキとも似ています。

蝶はアサギマダラ。本州の北から沖縄まで渡りをする渡り蝶です。


2006.6.24 群馬県玉原湿原
2006.5.14 東京都裏高尾
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery