テリミノイヌホオズキ

ナス科 ナス属


半日陰の林縁などに生える1年草又は多年草で、高さ30〜60センチ。葉はやや質が薄く、先が狭く尖り、ふつう鋸歯がない。
茎の途中に花序を出し4〜7個の花を付ける。花冠は白色で径3〜5センチ。花期は沖縄では一年中。液果は球形で黒色に熟す。



〜徒然想〜

目の前には見事なフサナリツルナスビが見え、花仲間が半円になってそれぞれ撮影に取り組んでいます。しばらく順番を待ちます。
目を転じると、傍らにはベニバラボロギクやイヌホオズキ、鋭いトゲをもつキンギンナスビなどが咲いていました。
イヌホオズキと思ったのは、テリミノイヌホオズキでした。
これと思っても南の地では別種のことがあります。ほんとに、南の地の植物観察はおもしろいです。

旧型のデジカメでは実色が出ないことがあります。緑色のかぶりを取る修正をさせていただきました。また、画像を追加しました。

−同じ科の植物−

2006.9.16 沖縄県
  2006.9.16 沖縄県   
 2015.3.5 沖縄県    2015.3.5 沖縄県