デワノタツナミソウ

シソ科 タツナミソウ属



やや湿った林に生える多年草で、高さ10〜30センチ。葉は卵形〜3角状卵形で、下部のものはときに卵心形になる。縁には波状歯があり先端は鈍く、基部は広いくさび形。表面にはまばらに毛がある。
花冠は紫色で、下唇には紫斑がない。花期は5〜6月。
近畿地方以北の日本海側の山地に分布する。



〜徒然想〜

脇道を少し歩こうと車を止めたすぐ脇に咲いていた。偶然の出逢いです。
タツナミソウは地域種が多いと聞く。アカボシタツナミソウ(沖縄)、シソバタツナミソウ、コバノタツナミソウタツナミソウしか出逢いはない。このあたりならば、デワノということで一応納得したものの、その場では違いがよく分かりませんでした。下唇には紫斑がないのが特徴でした。確かに紫斑がなく、白いです。


2007.6.2 新潟県佐渡市(画像にポインターをおいて下さい)
2007.6.2 新潟県佐渡市
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery