タツナミソウ

シソ科 タツナミソウ属



山地や丘陵地の草地や林縁などに生える多年草で、高さは20〜40cm。茎は白色の粗い開出毛が多い。葉は数対付き、広卵心形〜三角状卵形、両面とも軟毛が多く、縁には鈍い鋸歯がある。
花序は3〜8センチで、片側に偏って唇形花をつける。花は青紫色〜淡紅紫色で、白色もある。長さは2センチほどで、開出毛が多い。花期は5〜6月。本州〜九州に分布する。



〜徒然想〜

高尾山でタツナミソウと思える植物に出逢ったが、今一納得できないものがありました。典型的なタツナミソウに見たいと思っていたところ、伊吹山で画像の花に出逢い、これはタツナミソウではないかと思っています。
比較的数は多かったのですが、中に花の斑点がないものが見られ、こちらはオカタツナミソウではないかと思っています。ほんとにこの仲間の同定は難しい。


−同じ科の植物−

2007.5.12 東京都高尾山
   2007.5.12 東京都高尾山  
   2009.6.13  滋賀県伊吹山  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery