ムヨウイチヤクソウ

イチヤクソウ科

驚いたことに、ネットで検索するとムヨウイチヤクソウの名は、ほとんどヒットしない。イチヤクソウに詳しい観察会の同行者に言わせれば、長い間名前が付けられず、「名無し」と呼ばれていた経緯があるという。
ジンヨウイチヤクソウが咲き誇る7月初旬は、高さ7,8センチほどでまだ硬い蕾、葉は無い。7月後半であっても、ようやく少し花開く1株だけを見つけることができた。
開花を確認したくて、再度八ヶ岳に向かう。今度は、そのほとんどが見事に開花していてくれた。

ベニバナイチヤクソウの変種とも言われ、高さが10センチほどのものもあるが、25センチほどに成長しているものもある。平均20センチというところか。
茎は紫褐色、花は暗い紅紫。ベニバナイチヤクソウよりも花の数は少ないように思えた。
開花している株の多くは無葉だが、一部葉が展開しているものがある。葉は広卵形、長めの柄がある。葉は光沢があり、葉脈に沿って斑がある。

なお、写真の植物がムヨウイチヤクソウであると確認はされていない。さらに、確認のための資料を探したい。
2006.7.31 長野県八ヶ岳
2006.7.31 長野県八ヶ岳
展開した葉
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery