ミヤマコアザミ

キク科 アザミ属



ノアザミの変種で、石灰岩地に適応したタイプ。ノアザミよりも背丈は低いようでした。



〜徒然想〜

6月半ば、伊吹山三合目付近であれほど群生していたノアザミは、8月の今ではすっかり消えています。
ミヤマコアザミはノアザミの変種のせいでしょうか、花期は早いようで、すでに終盤です。
2つの花が付いていても、片方は終わっている花が多く見られます。

一方で、コイブキアザミは、まだまだ蕾状態です。わずかに開花したものが見られるのみです。イブキトリカブトも開花が始まったばかりです。
花の伊吹山は、まだまだ続きます。


−同じ科の植物−

2009.8.7 滋賀県伊吹山
2009.8.7 滋賀県伊吹山 2009.8.7 滋賀県伊吹山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery