イブキトリカブト

キンポウゲ科 トリカブト属



山地の草原に生える多年草で、高さは1.8メートルほどにもなる。茎は直立し、ほとんど枝分れしない。葉は厚く、卵形〜長楕円形で浅い鋸歯がある。
花は青紫色で、雄しべには毛がない。花期は8〜9月。本州関東西部から近畿の太平洋側に分布する。



〜徒然想〜

8月初旬、まだ少し早いかなと思いながらも、青い色の花を探します。
おっ、咲いている! すぐにみつかりましたが、遊歩道からちょっと遠いので、別の場所にもあるだろうと、撮影を見送りました。
これが誤算で、その後はみつかりません。みつけた場所に戻ろうかと思いながらも、東京までの帰路は高速5時間の道のりです。足は、つい下山の道を進みます。

伊吹山は花の山、そして優しい山でもありました。最後の最後に、草の合間に青い花を見せてくれました。ありがとう!


−同じ科の植物−

2009.8.7 滋賀県伊吹山
2009.8.7 滋賀県伊吹山 2009.8.7 滋賀県伊吹山
2009.8.7 滋賀県伊吹山