ミネズオウ ベニバナミネズオウ

 
ツツジ科 ミネズオウ属

高山に生える常緑の矮生低木で、低く地を這いマット状に広がる。葉は対生、革質、狭長楕円形で、長さ6〜10ミリ。
枝先に散形に2〜5個の花を付ける。花冠は白色で赤みを帯び、鐘形で、5中裂する。本州中部以北、北海道に分布する。
スオウはイチイを意味し、葉がイチイに似る。
花冠が濃紅紫色のものはベニバナミネズオウという。



〜徒然想〜

八ヶ岳など亜高山〜高山帯でふつうに見られるので、つい油断してしまっていた。撮影しなかったり雑になったりで、アップしようにもいい写真が残ってない。
北海道のミネズオウは色が濃くてきれい、との情報をみて、北海道での出逢いが楽しみな花になっていた。結果は、・・・・・・・・
やはり、すばらしい色合いです。紅赤色が、ときに濃く、ときに淡く、緑の床と見事なコントラストで群生していました。花も大きいようです。
撮影後も、しばらく小さな花の群にみとれていました。ふと、視点を広げるとイワウメやミヤマキンバイ、キバナシャクナゲが奧に広がっています。再びみとれることになりました。
2007.7.10 北海道大雪
2007.7.28 山梨県北岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery