キバナシャクナゲ ツツジ科
2005.6.7 長野県八ヶ岳

キバナといっても、特段黄色が強いものばかりではない。薄いクリーム色が多い。さらに、白、淡紅色などの変異がある。当初は、目の前にありながら、黄色い花ばかりを探していたことを思い出す。
八ヶ岳稜線のキバナシャクナゲが消えるとハクサンシャクナゲが咲き出す。そして、その合間に、両種の交雑種が咲く。これをI先生はヤツガタケシャクナゲと提唱している。キバナシャクナゲの八重咲きも見られるという。
キバナシャクナゲ 高山帯の礫地やハイマツ林に生える常緑低木、高さ10〜30センチで幹は地面を這い広がる。枝に芽鱗が残る。葉は楕円形でハクサンシャクナゲよりも丸みがある。花冠はロート状で主にクリーム色。雄しべは10個で、長さは不揃い。花柱とともに先は上に曲がる。(2006年7月記)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery