イワウメ

イワウメ科

まさに高山の春を告げる梅の花と言っていいだろう。
厳しい山の岩肌にぴったりと貼り付いて、山の春を待ちわびたように一斉に花を咲かせる。
ややクリーム色を帯びた柔らかそうな花からは香りが立ち上がってきそうである。

高山帯の岩場に生える矮小低木で、高さ2〜5センチ。茎は岩の間を這って伸び、マット状に広がる。葉は常緑で互生、細い倒卵形で、長さ6〜15ミリ。花は5数性で、上向きに咲く。
2004.6.4 長野県八ヶ岳
2004.6.15 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery