ミミカキグサ

タヌキモ科 タヌキモ属

湿地又は水位が変わる溜池の縁などに生える多年草で、花軸の高さ5〜15センチ。花は黄色で長さ約3.5ミリ、距は後方斜め下を向く。花期は8〜10月。名は、花のあとに萼が大きくなって果実を包む姿が耳かきに似ることによる。
ミミカキグサの仲間は食虫植物で、水中、泥中に糸状の地下茎に小さな捕虫嚢がある。



〜徒然想〜

ミミカキグサ4兄弟を撮りたくて、再び葦毛湿原を訪れる。早春に出逢った風景が目の前にあり、歩を進めるにつれ、懐かしさが込み上げてくる。
黄色いミミカキグサはすぐに出迎えてくれた。背丈10〜15センチほどの細い花があちこちに咲き乱れています。まずはぐるっと一回り。ホザキノミミカキグサもすぐに見つかりひと安心。
さて、気がかりなヒメミミカキグサは咲いているだろうか。恐る恐る生えているはずの場所を覗きこむ。
2007.8.25 愛知県葦毛湿原(画像にポインターをおいて下さい)
2007.8.25 愛知県葦毛湿原
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery