ヒメカンアオイ

ウマノスズクサ科 カンアオイ属


花期の葉は小さめで6センチほど。花期は2〜3月、淡紫褐色で直径1.5センチほど、萼筒は短い筒型又は鐘形で、長さ1センチほど。上部にくびれがなく、内面に縦の隆起腺があり、細かい格子状になる。萼裂片は開出し、三角状卵形。
生育地は、愛知県、岐阜県、長野県、紀伊半島、高知県東南部など。



〜徒然想〜

乾いた枯れ葉が地面を覆い、ヒメカンアオイの葉らしきものはまったく見えない。それでも枯れ葉を丹念に取り除いていくと、まだ蝶の羽を閉じたような葉が現れ、根元には花をつけている。閉じた葉はみずみずしくうす紫色を帯び、輝いていた。
いずれ蝶が羽を広げるように、枯れ葉の上に葉を広げていくのだろう。今頃はきっと・・・〜想像すると楽しくなる。

2007.3.21 愛知県豊橋市
2007.3.21 愛知県豊橋市(画像にポインターをおいて下さい)
2007.3.21 愛知県豊橋市(画像にポインターをおいて下さい)