ヒナザクラ

サクラソウ科 サクラソウ属



亜高山〜高山帯の雪解け地や湿った草地に生える多年草で、高さは10〜15センチ。葉は長さ2〜4センチで、内側に巻き、上方に5〜9個の鋸歯がある。
花は白色で、直径1センチほど、中央部に黄斑がある。花期は7〜8月。本州東北地方の一部に分布する。



〜徒然想〜

雪解けが進む毎に咲き出す花が2つありました。ミツバノバイカオウレンとヒナザクラです。
群生する白いヒナザクラとその奧に広がる白い雪〜なかなか面白い風情です。しかし、登山道からは遠いロケーションばかりで、想い描いた写真は撮り損ないました。ご想像にお任せいたします。

今年はシコクカッコソウクモイコザクラヒダカイワザクラサマニユキワリ、・・・ヒナザクラと、サクラソウの仲間との出逢いが多かったようです。その中で、唯一の白い花ヒナザクラは、最も小さく可憐な花でした。

-同じ科の植物-

2008.7.26 山形県(画像にポインターをおいて下さい)
 2010.7.6 山形県 2008.7.26 山形県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery