ヒナノシャクジョウ

ヒナノシャクジョウ科 ヒナノシャクジョウ属


日陰に生える腐生植物で、高さ3〜15センチ。花は8〜10月、白色で柄が無い。外花被片は筒状に合着し、内花被片はへら形で小さい。
本州(関東以西)〜屋久島、沖縄に分布する。



〜徒然想〜

林の中をあてもなく花を探していると、湿った枯れ草の間に小さな白い植物があった。周りを探すと、もうひとつ。こちらは緑のコケの間にポツリとあった。手に持つ図鑑でヒナノシャクジョウの名をみつけた。
シャクジョウソウは八ヶ岳でもよく見ている。同じ葉緑素を持たない腐生植物なのだろうと軽い気持ちの観察でした。初めてみる「もの珍しさ」はあったが、そこまででした。
しかし、この植物は沖縄で出逢った珍しいルリシャクジョウシロシャクジョウの仲間。それを知り、俄然、出逢いがうれしくなりました。

2007.8.25 愛知県豊橋市
2007.8.25 愛知県豊橋市
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery