ヒメヨツバシオガマ

ゴマノハグサ科 シオガマギク属


北岳の尾根道は、植物たちにとって厳しい環境であることに変わりはない。そんな中でも立派に花を咲かせて子孫を残す。そのたくましさには敬服するものがあります。
特に風の通り道になるこの尾根道では、岩の隙間に身を寄せるように多くの花たちが咲き誇っているのを見ると、敬服を超える想いにかられます。

このような厳しい環境では植物たちは適合した姿に変わることがあります。ヨツバシオガマも10〜20センチほどの背丈になり、岩陰などでタカネマンテマハハコヨモギと寄り添うように咲いているのがみられます。
このように矮小化したヨツバシオガマの変種をヒメヨツバシオガマと呼ぶことがあります。
背丈が低いことと、下唇が長く色が薄いのが特徴です。



-同じ科の植物-

2006.8.12 山梨県北岳
2006.8.12 山梨県北岳 2007.7.28  山梨県北岳
         2007.7.28  山梨県北岳
2007.7.28  山梨県北岳