タカネマンテマ

ナデシコ科 マンテマ属

高山帯に生える多年草で、高さ10〜20センチ。葉は倒披針形で、両面に毛がある。
茎頂につく萼筒の先に小さな花をつける。萼筒には暗緑色の10脈があり、脈上に黒い毛がある。萼筒は、花期には細長く、次第に丸く膨らみ上向く。
花弁は淡紅色〜白色で、ごく小さい。花期は7〜8月。



〜徒然想〜

昨年、タカネマンテマが見たくて北岳に登ったが、花は既に終わっていた。一週間前にも来た女性が、“先週はきれいに咲いていたよ!”と、自慢気に言うのを聞いて悔しい想いをした。

今年は雪が多く残り、全般に花が遅れている。道々の不安が的中し、タカネマンテマは目的の場所では、まだ蕾も出ていませんでした。がっくりです。
でも、北岳山頂のお地蔵さんが願いを叶えてくれました。お地蔵さんには、無事な花旅と家内安全を願い、手を合わせました。あきらめたタカネマンテマに出逢ったのは、しばらくしてからです。
提灯の先についた小さな花がうれしかった。
2007.7.28   山梨県北岳
2007.7.28   山梨県北岳 2007.7.28   山梨県北岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery