アマナ

ユリ科 アマナ属



2007.4.1 東京都高尾


日当たりの良い草地や林縁に生える多年草で、花茎の高さは15〜20センチほどになる。葉は花茎の下部に2枚つき、線形で長さは15〜25センチ、白色を帯びる緑色。
花期は3〜5月で、陽を受けて開く。花被片は6個で、長さ2〜2.5センチ、白色で暗紫色の脈があり、披針形。東北地方南部以西、四国、九州、奄美大島に分布する。


〜徒然想〜

以前は東京近郊でも随所に見られ春の代表的な花になっていましたが、最近ではなかなかみられなくなりました。高尾でさえもみつけるのは容易ではありません。
出逢いは、やはり人との出会いから始まりました。2週前にキバナノアマナで知り合った地元の方に再び出会い、肩を並べての花散歩になりました。
ゆったりと花を愛でながら、余生を過ごしている方とお見受けしました。
アマナも咲き出しているということで案内してもらいました。そこには、確かに可憐なアマナが花開いていました。昔見た記憶がよみがえり、妙に懐かしい想いがしました。
撮影していると、行きがかりの散歩人が声をかけていきます。行く道は同じです。アマナで知り合った方々に前後して出会い花談義〜今日もいい花散歩になりました。

近縁の仲間にヒロハノアマナヒメアマナホソバノアマナなどがあります。

2007.4.1 東京都高尾
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery