ヒロハノアマナ

ユリ科 アマナ属


ヒロハアマナ
日当たりの良い草地や雑木林などに生える多年草で、葉の長さは15〜20センチほどになる。葉はアマナより広く幅1.5センチほどになり、中央に白い線が入る。
花はアマナと変わらないが、花茎には普通3個の苞がある。花期は3〜5月。関東地方〜近畿地方、四国に分布する。



〜徒然想〜

温暖化が進んでいるせいでしょうか、年々花の開花時期が早まり、今年のヒロハノアマナも4月のはずが3月の10日頃にはもう咲き出しているとの情報が伝わってきます。
この花とミチノクフクジュソウは、今春の目標の一つとしていただけにも、少々焦り気味になります。

訪れた先は武蔵野の面影が残る雑木林です。宅地化が進む中で、地域住民の協力と保護を推進する方々の努力で、水辺と雑木林の明るい空間が残っていました。
自宅から自転車で1時間40分、山登り気分で道を遡り、汗をかきたどり着いた努力が報われました。
傾斜地には、日が高くなるにつれ次々と花が開いていく、数多くのヒロハノアマナがありました。

2009.3.15 東京都清瀬市
2006.3.12 東京都薬用植物園 2009.3.15 東京都清瀬市
2009.3.15 東京都清瀬市
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery