シコタンキンポウゲ

キンポウゲ科 キンポウゲ属



海岸近くの草地、砂地、湿地などに生える多年草で、高さは20〜25センチ。キンポウゲ(ウマノアシガタ)は茎や葉柄に開出毛があるのに対し、本種では斜上毛又は伏毛がある。
痩果の残存花柱はゆるく曲がる。花期は 6〜8月。北海道〜本州北部に分布する。



〜徒然想〜

道東の原生花園でみられたキンポウゲです。ノハナショウブエゾフウロハマナスなどが咲き乱れる草下で、ひっそりと咲いていました。

北海道の花巡りでは、見覚えのある花でも撮影しておくことにしています。
後で北海道固有のものと知り、悔やむことが度々だったからです。果実や茎なども撮影します。

「新北海道の花」(梅沢俊氏著)には北海道では南部に分布するが局所的で少ないとされ、同定に不安がよぎりますが、毛の状態などから本種とさせていただきます。

-同じ科の植物-
2012.7.25 北海道
2012.7.25 北海道 2012.7.25 北海道(画像にポインターをおいてください)
   
2015.7.2 北海道     2015.7.2 北海道