ミツバテンナンショウ

サトイモ科 テンナンショウ属



山地の林下などに生える多年草で、高さは30〜50センチ。葉は2個で、小葉は3枚付き、卵形で、先は鋭い。花序は葉より早く展開し、葉より上に付く。
仏炎苞は紫褐色で、口辺部は耳状に反り返る。付属体は棒状から円柱状。花期は4〜5月。静岡県、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

小葉が3枚であることが最大の特徴であるにもかかわらず、今回の四国訪問では、とうとう葉が展開する姿を見ることが出来ませんでした。時期的にまだ早かったのです。

アワコバイモの地では、アワコバイモをネット検索したご本人に遭遇し、本種を教えてもらいました。
トサコバイモの地では、四国の花仲間に案内して頂き、本種をみつけてもらいました。

三つ葉を確認できないままでのアップですが、地元の方の同定ですから、間違いはないでしょう。ミミガタテンナンショウによく似た花でした。

−同じ科の植物−
2012.4.17 愛媛県(画像にポインターをおいてください)
 2012.4.21 愛媛県   2012.4.21 愛媛県