ミツバノコマツナギ

マメ科 コマツナギ属



沖縄県の海岸に生える多年草で、茎は普通地を這って広がりよく分枝し、高さは20〜30センチほどになる。葉は3小葉からなる。小葉は狭倒卵形で先は凹む。
葉腋より短い総状花序を出し、6〜12個の花を付ける。花冠は赤色で長さ1〜2センチ。豆果は真っ直ぐで線形、長さ2センチほど。花期は1年中?。



〜徒然想〜

2日間の沖縄花観察も残り1時間ほどとなり、しかも雨〜観察する余裕などなく、海岸の植物を駆け足で撮りまくります。
正しい観察の姿ではありませんが、やむを得ません。
モンパノキソナレムグラキバナイソマツヒメイヨカズラアメリカハマグルマなど、なかなか多彩です。オキナワマツバボタンは、この天気では花は開かず次の機会に譲ることにします。

ミツバノコマツナギは、鋭く浸食された岩場の周りに、つる性植物のように張り付いていました。雨に煙っていても、赤い花は鮮やかです。

−同じ科の植物−

2007.9.9 沖縄県本島
   2007.9.9 沖縄県本島  
   2007.9.9 沖縄県本島(画像にポインターをおいてください)