ミドリヒナスミレ(仮称)

スミレ科 ミヤマスミレ類



花が緑色を帯びるヒナスミレの緑花品。ブナ帯の林縁、林下などに生える多年草で、高さは3〜8センチ。花期は4〜5月。群馬県に観察記録がある。



〜徒然想〜

だいぶ以前にミドリタチツボスミレを見て、何か釈然としない想いを持ち続けていました。なぜ花が緑色を帯びるのだろかということです。先祖返りという説明もよく分かりません。
ミドリニリンソウやミドリハクサンイチゲは、花=蕚片が緑になるので理解できます。
でも、花弁がなぜ緑色になるのだろうか。土質なのか、農薬などで環境が変わったためなのだろうか? でも、すぐ傍らにはオクタマスミレのきれいな花が数株見られるので、かならずしも特殊な土質でもなさそうです。分かりません。
花は、いずれも平開せず閉じ気味であるので、何らかの負荷がかかっているのではないかと思うのですが・・・。


−同じ科の植物−

2016.4.13 群馬県
2016.4.13 群馬県    2016.4.13 群馬県 
  
   2016.4.13 群馬県  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery