ミドリタチツボスミレ

スミレ科 タチツボスミレ類



花が葉化したものと説明されている。
花が緑化する例はキンポウゲ科のニリンソウハクサンイチゲでみている。花弁の形態そのままに、一部又は全部が緑色に変化している。緑花は、花になり損ねたとか、先祖返りとかいわれている。
しかし、キンポウゲ科は萼が花弁状になっているので、緑の花弁(萼)があっても不思議はないが、すみれの花弁が緑に変化する理由が分からない。

花弁の形は、すみれの形態を留めているものは少なく、歪んでいたり、平開したり、二つの花が合体したりと様々でした。
長野県、山梨県などでの観察報告があり、狭い地域に限定されて生息するわけでもないようです。

Viola grypoceras f. viridiflora MAKINOの学名をもちます。

2007.5.26  長野県
2007.5.26  長野県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery