コツクバネウツギ

スイカズラ科 ツクバネウツギ属



日当たりのいい丘陵や山地の雑木林などで見られる落葉低木で、高さは2メートルほどになる。葉は対生し、卵形〜狭楕円形、不揃いな鋸歯があるか又は全縁。
新枝の先に1〜7個の花を付ける。花は黄白色、黄色、時に淡紅色を帯びる。花冠は細長い漏斗状で、長さ1〜2センチ、下唇の内面には橙色の網状紋がある。花期は5〜6月。本州中部地方以西、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

コツクバネウツギは、ツクバネウツギと花の形や色具合が似ています。花の中の橙色の網模様も同じです。
決定的に違うのはその大きさで、長さが1〜2センチほどしかありません。可愛い子供といったところでしょうか。
また、ツクバネウツギは蕚片が5個なのに対し、コツクバネウツギは2〜3個しかありません。

カキノハグサが咲く森を抜けた、明るい尾根道に、ガンピと並んで花を付けていました。


−同じ科の植物−

2009.5.31 静岡県
 2009.5.31 静岡県    2009.5.31 静岡県
  2009.5.31 静岡県