キリシマシャクジョウ

ヒナノシャクジョウ科 ヒナノシャクジョウ属



常緑樹の林下などに生える腐生の多年草で、高さは10センチほど。
全体が白色で、茎の先にまばらな集散状に白い花をつける。花筒は3稜があり、先端の縁は淡黄色を帯びる。花期は9〜10月。伊豆七島、四国、九州、沖縄に分布する。



〜徒然想〜

ルリシャクジョウシロシャクジョウヒナノシャクジョウ、・・・
この仲間の神秘さには、ほんとに憧れるものがあります。
沖縄に渡りルリシャクジョウをみたときは、どうしてこんな神秘な瑠璃色になるのか、植物の不思議を想ったものです。

同じ想いがキリシマシャクジョウにもあります。こちらは白です。撮影しながら、自ら光を発するような白がほんとに美しいと想いました。
その分、この花を撮るのは難しい。花の凹凸を撮りたいのですが、白い光が邪魔をします。

2012年に再訪しました。時期がよかったのでしょう。多くの本種が発生していました。

−同じ科の植物−

2010.9.5  鹿児島県
 2010.9.5  鹿児島県    2010.9.5  鹿児島県
   2012.9.27  鹿児島県  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery