タカネザクラ
バラ科
常念岳から蝶ヶ岳に至る尾根道は、すばらしい山の景観と花の連続で、つい歩が遅くなってしまった。最後の蝶鑓への鞍部にも花畑が広がっていたが、投宿時間が気になり、十分な撮影ができなかった。オオサクラソウが目立ち、ハクサンイチゲ、キンバイソウ、タカネザクラなどを確認したが、その他にも咲いていたはず。返す返すも残念!
タカネザクラは、別名ミネザクラ、深山〜高山に生え、高さは2メートルほどになるが、雪や風の影響がない標高の低い場所では6メートルほどにも成長する。やや赤味を帯びた新葉が展開すると同時に、花が下向きに開く。直径2センチほどで、赤味を帯びる。花柄には毛がない。
八ヶ岳でも、登山道脇で雨に濡れた小さなタカネザクラがひっそりと咲いていた。
2005.6.25 長野県蝶ヶ岳
2005.6.25 長野県蝶ヶ岳
   
2006.5.28 長野県八ヶ岳