タカネシオガマ

ゴマノハグサ科

八ヶ岳では、ヨツバシオガマがやや低地でいち早く咲き、尾根ではミヤマシオガマ、タカネシオガマの順に咲く。
ミヤマシオガマとタカネシオガマは生育地がほぼ同じだが、慣れてくると一見して区別できる。
ミヤマシオガマの方が別れた葉が更に細かく別れるので、全体的にもじゃもじゃした葉になる。タカネシオガマはすっきりと葉が見え、花も一回り小さい。
高山帯の砂礫地、草地に生える1年草で、似た花なのにミヤマシオガマが多年草と知り驚く。高さ5〜20センチ。花冠の上唇はくちばし状に尖らない。
2005.8.8 長野県八ヶ岳
2005.8.27 山梨県北岳 ミヤマシオガマ 2006.7.7 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery