チチブシロカネソウ

キンポウゲ科 シロカネソウ属



埼玉県秩父市で発見され、その後群馬、長野、栃木など、関東近縁での観察が報告されている。石灰岩や蛇紋岩地のやや湿った林に生え、高さ20〜35センチ。上方の葉には柄がなく、下方の葉には柄がある。
直径1.5センチほどの白い花弁状の萼を5枚、上向きにつける。花弁はない。花期は5月。長野県以北に分布する。



〜徒然想〜

ここ数年5月の末から八ヶ岳通いが続いています。
午前中はホテイランを観察し、午後は山麓をゆったり花散歩します。
緩やかに登る林道は、傍らに水の流れがあり、ともに爽やかな空気を押し流します。
この花はそんな流れの山側に静かに咲いていました。数は多くはありませんが、ぽつりぽつりと姿を現します。暗めの林道脇でも、白く清楚に輝きます。

この時期にこの花がまだ咲いているのは珍しく、ミヤマカラマツはやっと花芽が見え始め、全般的に花の開花が遅れた年となっています(2006年)。

タデスミレの下見に訪れた林道は、まだタデスミレの白には早く、代わりにこの花の清楚な白に迎えられました(2007年)。

−同じ科の植物−
2006.5.27 長野県八ヶ岳
2006.5.27 長野県八ヶ岳
2006.5.27 長野県八ヶ岳 2014.5.31  長野県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery