ミツバコンロンソウ アブラナ科
いつものように山散歩、ゆっくりと足下の花を見ながら、緩い傾斜道を登る。
山側には咲き始めたニリンソウがちらほら見える。この山のニリンソウは小さい。ヒメニリンソウという名があったら付けてみたい。
などと思いながら、ふと大きさは同じだが違う形の白い花を見つけた。4弁の花なのでニリンソウとは明らかに違う。1つ見つけると、近くにはいくつもの同じ花が見えてくる。1輪のものもあれば、3つ4つと重なっているものもある。
不思議なのは、2種の形が違う葉が付いている〜下には丸みのある葉、上には披針形の鋭い鋸歯を持つ葉〜いずれも三つ葉(3小葉)。
コンロンソウの名を持つものはコンロンソウマルバコンロンソウを知る。
2006.4.22 東京都奥多摩蕎麦粒山
2006.4.22 東京都奥多摩蕎麦粒山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery