マルバコンロンソウ アブラナ科
春の山散歩、足下に見知らぬ花が開きかけている。葉や蕾が細かい毛で覆われ、まだ姿を現していない。
翌週の山散歩、小さな白い花を咲かせていた。
4弁なのでアブラナ科の項を探しましたらこの名がありました。
コンロンソウは背丈が7、80センチにもなる。同じ名を持つには、背丈があまりにも違いすぎる。いずれも雪のように白い花を持つ。
仲間にミツバコンロンソウがある。こちらも小さく<花が開くとき、6、7センチほど。
2006.4.23 東京都裏高尾(後ろはニリンソウ)
2006.4.22 東京都奥多摩蕎麦粒山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery