イカリソウ

メギ科 イカリソウ属

2006.5.27 長野県八ヶ岳山麓



主に太平洋側の山地に生える多年草で、高さ20〜40センチ。葉柄は長く、2〜3回3出複葉、小葉は歪んだ卵形で基部は心形。
花は紅紫色〜白色で直径2センチほど。花弁は4個で、基部に2センチほどの距がある。
花の形を碇に見立ててイカリソウの名がある。


信州ばかりでなく、奥多摩や高尾でも目にすることができるが、白に近いものから赤に近いものまで色は場所によって少しづつ違っている。各地には、キバナイカリソウトキワイカリソウなどがある。

生薬名は「淫羊霍(いんようかく)」。ただし、これはイカリソウの仲間の「ホザキノイカリソウ」の葉・茎を乾燥したもの。日本産のイカリソウなら「和淫羊霍」となるか。
強壮、強精、神経衰弱、健忘症、強壮強精によいとされるが、心臓の悪い人、胃腸の弱い人は飲まないようにすること。


2005.4.24 高尾山
2004.4.18 野川野草園
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery