ヤマジオウ
シロバナヤマジオウ

シソ科 オドリコソウ属



山地の木陰に生える多年草で、高さ5〜10センチ。地下茎をのばして繁殖、群生する。葉は2、3対が茎の上部につき、倒卵形でしわがあり、鋸歯縁。
茎の先端部の葉腋に淡紅色の唇形花を数個付ける。花期は8月。神奈川県以西の太平洋側〜九州に分布する。
花が白いものがあり、シロバナヤマジオウという。


〜徒然想〜

撮影しているうちに、誰かにみられているような奇妙な感覚に陥りました。
見上げれば、林は整備された杉に覆われ、森閑としていています。箱根の裏道にあたるので、人の気配もありません。
気を取り直し、再び撮影に取り組みます。

角度を変えると、奇妙な感覚の正体がそこにありました。花は、こちらを覗き見る小坊主のよう。黒い目がみつめています。
花と向き合っていると、花が人型にみえ、ときどき新しい発見に驚くことがあります。オドリコソウヒメオドリコソウの花は愛らしいです。

シロバナヤマジオウは暗い杉林に多く見られました。淡紅色の花はむしろ少ないくらいでした。

-同じ科の植物-

2007.8.19 神奈川県箱根(画像にポインターをおいて下さい)
   2007.8.19 神奈川県箱根  
   2015.8.1 山梨県  
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery