シロバナタチツボスミレ

スミレ科 タチツボスミレ類

タチツボスミレの典型品は距が淡紫色。
タチツボスミレの一品種で、距の淡紫色が残り、唇弁の紫条もない白花品をオトメスミレと呼び、さらに距も白い白花品をシロバナタチツボスミレと呼んでいる。



〜徒然想〜

初めて出逢った白花品。撮影していると一人の男性が近づいてきた。ここに白花があることを知っていた方で、今年も咲いていてくれたことにほっとしたと話す。そんな姿に、こちらもうれしくなりました。
いつもの花がいつものように咲く。当たり前のことだが、同じ日に撮ったアマナは、翌週には掘り起こされていた。
2007.4.1 東京都高尾山(画像にポインターをおいて下さい)
2007.3.24 東京都高尾山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery