オトメスミレ
ケオトメスミレ
スミレ科 タチツボスミレ類

 
2019.3.26 東京都高尾山   2010.6.5 長野県(画像にポインターをおいてください)


タチツボスミレの白花品で、距の淡紫色が残り、唇弁の紫条もない白花品をオトメスミレと呼び、さらに距も白い白花品をシロバナタチツボスミレと呼んでいる。箱根の乙女峠で最初に発見され、この名がついた。
ケオトメスミレは、花茎に毛があるタイプ。

〜徒然想〜

乙女峠近辺に探しに出掛け見つけました。出逢いの第一印象は、のっぺりした白で透明感がなく乾いた感じでした。今まで見たことない質感をもった白で、すぐにオトメと分かりました。
近くにはタチツボスミレが多く、その中に白花も見えます。唇弁に青筋があるものがあり、雑種を疑いました。
そして、距が純白のオトメもありました。ふつう距が白いものはシロバナタチツボスミレと呼ばれるが、花弁の質感はオトメで、高尾で見たシロバナタチツボスミレとは明らかに違います。距が白いオトメスミレ。そんなのあるのでしょうか。

東京都高尾山でも数は少なくなりつつありますが、いつも見られる所でみつけるとホッとします。シロバナタチツボスミレも残っています。(2019年)

−同じ科の植物−
2007.4.15 神奈川県
距が白い 2007.4.15 神奈川県(画像にポインターをおいて下さい)
紫条がある白花   2007.4.15 神奈川県
2013.4.14 群馬県 2016.3.31 東京都高尾山
     
ケオトメスミレ
 2010.6.5 長野県
  ケオトメスミレ
2010.6.5 長野県(画像にポインターをおいてください) 
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery