シマツユクサ

ツユクサ科 ツユクサ属

湘南に隔離分布する見事なホウライツユクサに出逢っているが、この仲間は本来南方系の植物。大きな花弁をもつツユクサは南の地によく似合う。優しげな青紫の花が、わずかに風に揺れていた。
ホウライツユクサの花に比べて色は淡く、葉は幅広だった。シマツユクサの花弁は大きさが3枚ともほぼ同じなのに対し、ホウライツユクサは2枚が大きく、1枚が小さい。

畑地や林縁のやや湿ったところに生える1年草で、葉は無柄、披針形〜卵状披針形、先は尖る。
花は淡紫色で、総苞は幅狭く、広げると狭卵形、先は次第に長く尖る特徴がある。
種子島、屋久島以南に分布する。
2007.3.17 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
2007.3.17 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery