シコクミヤマスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類



まだ研究が必要とされる不明種で、従来はミヤマスミレともヒナスミレとも言われ、両者の中間的な形質を持つ。
地下茎をのばして盛んに増殖する。葉は卵形〜長卵形。四国高地の沢沿いなどに生える。



〜徒然想〜

シコクスミレミヤマスミレの雑種を想像させる名です。
葉の形から、シコクスミレを連想してしまいましたが、花弁が違いました。花弁は柔らかく、淡紫色で、シコクスミレより大きく、ミヤマスミレよりやや小さい感じでしょうか。シコクスミレと同じで、群れて咲いています。
近くにはシコクスミレもミヤマスミレも見つからず、明るい沢地ですので、ミヤマスミレの環境と違うように思えました。

出逢いののち、しばしばネットの掲示板でこの名が交換されるにつれ、遠い四国に有りながら、妙に身近な菫のような想いです。


2008.5.8  愛媛県(画像にポインターをおいて下さい)
2008.5.8  愛媛県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery