リュウキュウコスミレ

スミレ科 スミレ属

2007.3.17 沖縄本島 2007.3.17 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい)


沖縄で最もポピュラーなすみれと言われているように、観察地の各所でみられた。
ある時は野球少年が走り回るグランド脇の草地で、ある時は車が行き交う道路脇で、そして、ある時はきれいに整地され公園の街路樹下に点々と・・・・・!
出逢いはいつも新鮮でした。ときに紫、ときに白〜屈んでファインダーを覗くたびに、すいっと持ち上げる可憐な横顔が美しかった。

白花品は、純白の、まさに清楚なすみれです。緑に覆われた草地の一角に点々と咲いていた。そのコントラストの美しさが、機上の今になって思い出される。写真にそれが表れているか、まだみていない写真が気にかかる(帰途の飛行機の中で記す。)。

高さ10〜20センチで、葉は広い三角状から卵形まで様々。大きさも花に比べてやたら大きいものもあった。
花は中形又はやや大きく、赤紫色や青紫色の濃淡、白色に近いものなどいろいろ見られた。花弁には紫条が多い。側弁は無毛。ノジスミレの南方系。
花弁に条がない純白のものはシロバナリュウキュウコスミレと呼ばれているが、生息地は限られているようです。


シロバナリュウキウコスミレ
2007.3.17 沖縄本島
(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery