リュウキュウシロスミレ

スミレ科 スミレ属

2007.3.17 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい) 2007.3.17 沖縄本島


広場では、異様に大きく立ち上がるムラサキサギゴケに混じり、淡い紫や濃い紫のリュウキュウシロスミレが咲いていた。特に濃い紫色は深く美しいので、つい探してしまう。
濃い紫色でもリュウキュウシロスミレ?傍らに屈むW奥さんに尋ねる。花を覗き込み、あっさりと、“シロスミレよ!”。ちょっと?のひとときでした。

道路脇では、縁石の際やU字溝の縁に点々と咲いていた。屈んで、その撮影に取り組む紳士、淑女〜別名オジさん、オバさんともいう。車が多く行き交い、見た目には異様な光景にみえるかもしれない。それとも、この時期多くのすみれファンが沖縄を訪れる。春の風物詩かな!

高さ5〜40センチとされているが、見たのは20センチほどまで。葉は卵状披針形〜長三角状披針形で、アリアケスミレの南方系ということが納得できる。
花は中形又はやや大きく、白色から青紫色の濃淡があり、紫条が目立つ。側弁は有毛なので、リュウキュウコスミレとの見分けの指標になる。W奥さんはここを見たのでした。

2007.3.17 沖縄本島
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery