ノジスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類


低地の陽あたりのいいところに生える。葉は長楕円状〜三角状披針形で、低い鋸歯があり、基部は浅い心形。葉の縁が波状になることが多い。
花は中形で、ふつう曇ったような紫色だが、濃淡がある。側弁はふつう無毛。距は細い棒状で、淡紫色〜濃紫色。


〜徒然想〜

ノジスミレが気になる春のスタートになりました。掲載していた画像に誤りがあり、新しい画像を求めていたのです。
誤りをご指摘頂いた花野さんには改めてお礼申し上げます。

都心の公園は穏やかな春の陽射しに誘われ、多くの人たちが思い思いに楽しんでいます。どの顔もにこやかです。大仰なカメラで撮るのは気恥ずかしく携帯で撮りました。
足下にはタンポポやミツバツチグリ、オオイヌノフグリが咲き誇ります。そしてノジスミレも・・・。澄み渡る女性ボーカルの歌声も流れ、都会のオアシスです。

ここならばあるだろうと、渡良瀬遊水地に遠出しました。広大な地は野焼きを終え、芽吹きの時を待っています。反して、野焼きを免れた芝地は春の花が盛りです。
ノジスミレが径5メートルほどの地にびっしり。期待はしていたものの、これほどとは・・・・・・びっくりです!!

       2008.4.6 栃木県渡良瀬遊水地
2008.4.5 東京都千代田区
2008.4.6 栃木県渡良瀬遊水地(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery