ナガバハグマ

キク科 モミジハグマ属



沖縄本島の固有種で、沢沿いに生える多年草。高さ17〜40センチ。葉は10〜30枚あり、長柄があり長楕円状披針形、先は尖る。
頭花は総状又は複総状花序をつくり、小花は3個。花冠は白色で、径12ミリほど。花期は11〜1月。



〜徒然想〜

この花はエンシュウハグマテイショウソウに劣らず綺麗です。清らかな水辺に咲いているからでしょうか、冷たいほどに清楚です。
じっくり撮りたいところでしたが、足場が悪かったり、またカメラの設定を間違ったりで、満足な写真は残せませんでした。
それでも、微かな流れをBGMにこの花を見つめた感動は、いつまでも記憶に残ります。


2007.12.24 沖縄県本島
2007.12.24 沖縄県本島
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery