ミヤコグサ
セイヨウミヤコグサ
マメ科 ミヤコグサ属

2006.9.29 長野県小県郡


山地の明るい草地、海岸、道端に生える多年草で、茎は地を這って広がる。花は黄色〜鮮黄色で、葉腋からのびた花茎の先に1〜3個付く。


〜徒然想〜

広々とした草原が続いています。空は青く、雲が高い。穏やかに頬を撫でる秋風が心地いい。
ムラサキセンブリの撮影に満足し、座り込んだ目の前にはリンドウが微かに揺れています。山散歩の至福の時が静かに流れています。
ふと視界に黄色い小さな花を認め、這い寄るとミヤコグサでした。そのまま腹這いになって撮影しましたが、花期はふつう5〜6月です。何か得した気分になりました。
10月の三浦海岸でも見かける機会があり、残り花があるようです。

後にセイヨウミヤコグサがあることを知りました。観察時はこれを確認していないので、写真の中には混在しているかもしれません。
「野の花賛花」には、”この花は花数が1〜3個で葉や茎が無毛であるのに対し、セイヨウの方は3〜7個と多く茎や葉に毛があることが違いとされているが、個体差もあり花数だけでは区別は難しい。”とあります。

後日、伊豆の海岸でセイヨウミヤコグサと思われる一群を撮影しました。確かに茎や萼片付近に毛が見られるのですが、これが相当するのか、まだ確認が取れていません。

−同じ科の植物−

2006.7.7 長野県八ヶ岳(画像にポインターをおいて下さい)
2012.7.27 北海道
2012.7.27 北海道
以下はセイヨウミヤコグサと思われる
2013.7.3 伊豆半島 2013.7.3 伊豆半島
2013.7.3 伊豆半島