ミチノクエンゴサク

ケシ科 キケマン属



本州中北部の日本海側に分布し、ヤマエンゴサクに似ているが、全体に細く小さく、背丈は10センチほど。
花も10〜13ミリほどでずっと小さい。ヒメヤマエンゴサクの別名をもつ。



〜徒然想〜

こういうところに咲いているはず、と、車を走らせながら覗いて行くが、それらしき花は見られません。やはり、車からでは、見つけるのはなかなか難しい。
ようやく1株みつけましたが、やや終わりかけです。場所はニシキゴロモが咲く日陰地でしたので、日の当たる場所では既に終わっていたのかもしれません。想いが残ります。
ジロボウエンゴサクヤマエンゴサクよりも花は細身で、一層可憐。落ちた杉の枝の間から、ようやく頭を出した風情で咲いていました。

さあ、次はエンゴサク4兄弟の最後、北海道エゾエンゴサクへ!

2009年、再び新潟を訪問する機会を得て、この花を探しました。花期が合えば比較的容易にみつかることが分かりました。撮影しながら、二年前の心残りが消え入るような想いです。

2007.5.3 新潟県長岡市(画像にポインターをおいて下さい)
2007.5.3 新潟県長岡市
2009.4.4 新潟県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery