ジロボウエンゴサク ケシ科
名前からして、何か「いわく」がありそうだ。
スミレを太郎坊、ジロボウエンゴサクを次郎坊と呼んで、両方の花を引っ掛けて引き合って遊んだことからジロボウの名が付いたという。
オオバコや松葉を引き合った記憶はあるが、太郎坊、次郎坊を引き合ったことはない。私は生まれていない、はるか昔のことでしょう。
それにしても、こんな弱々しい花を引き合うなんて・・・。
エンゴサクの仲間は皆似た姿をしている。高尾では、ヤマエンゴサクとジロボウエンゴサクが同じ場所に咲く。ヤマエンゴサクの方が少し花期が早いようだ。
花の付け根の小葉がギザギザなのがヤマエンゴサク、ギザギザがないのがジロボウエンゴサクと見分けることができる。

生薬としての利用は、エンゴサクの項を参照。
2006.4.16 東京都裏高尾
2006.4.16 東京都裏高尾
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery