コウヤボウキ

キク科 コウヤボウキ属



美しい出逢いになった。
オトメアオイシイノミカンアオイを探しにこの山道を登ったが、オトメアオイはポツポツ見られるものの、なかなかシイノミカンアオイには出逢えない。同行者は落胆しているが、コウヤボウキは最初の一株に出逢ってからは、登るにつれ段々に美しくなる個体が現れ、私は興奮状態。同行者の落胆をよそに、撮影に没頭した。
この場所に案内してくれた同行者に申し訳ないひと時でした。
海辺の絶壁の草地でもこの花に出逢い、山地だけに生える植物ではないことが分かりました。

山地に生える小低木で、高さ0.6〜1メートル。枝をよく伸ばし、枝先に頭花をつける。頭花は1.5ミリほどの白い筒状花13個ほどからなり、花冠の先は5つに切れ込み反り返る。

2006.10.22 静岡県伊東市(画像にポインターをおいて下さい)
2006.10.22 静岡県伊東市
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery