オトメアオイ

ウマノスズクサ科 カンアオイ属

テイショウソウが咲く周辺にポツポツと見られた。同じ植物なのに、テイショウソウの華やかさに比べ、ひっそりと隠れて咲くのは気の毒な気がした。

箱根や天城山系の特産種で、名は箱根の乙女峠にちなむ。
シイノミカンアオイと同じくヒメカンアオイ系で、花は小型で直径1.5センチほど。花期は5〜8月で、翌年春まで残る。開花期の夏に葉が出ず、翌春の結実期に葉を出すのが特徴。葉の雲紋が特徴的に見えるが、個体によって変わるようです。
葉裏は紫色のものがほとんどだったが、緑色のものもあった。
2006.10.22 静岡県三島市(画像にポインターをおいて下さい)
2006.10.22 静岡県三島市(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery