キツネノヒマゴ

キツネノマゴ科 キツネノマゴ属

2007.3.17 沖縄県(本島) 2007.3.17 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)


本州にあるキツネノマゴに対しヒマゴとは、・・・・・誰が名付けたか、なかなかウィットのある名をつけたものです。葉の形や毛の量などに違いがあるようです。
同行のKさんが指摘をしてくれなければ見過ごしていたでしょう。一見すると同じです。改めて、往きの飛行機の中での会話が思い出されました。
“見たことあると思っても、全て写真を撮っておいて下さい!”

路傍や林縁、空き地に生える1年草で、高さ30センチほどになる。茎は多少有毛、直立又は斜上して分枝する。葉身はやや厚く、広卵形、両面とも多少毛を密生する。
穂状花序に花をつけ、花冠は淡紅色ときに白色。本州のキツネノマゴは、葉が幅が狭い卵形で薄く、両面無毛又はやや無毛である。
トカラ列島以南に分布する。

2007.3.17 沖縄県(本島)