キントキシロヨメナ

キク科 シオン属



シロヨメナの変種で、草丈が低くなり30〜40センチ。葉は基部が葉柄状になり、両面に毛が多い。
小型で茎に開出毛が多いのが特徴とされているが、連続的な変化がある。また、総苞片の先や茎が紫色を帯びるともされている。
花期は9〜11月。静岡県、神奈川県に分布する。



〜徒然想〜

秋たけなわのこの時期になると、山の各所には白い野菊が目立つようになります。
箱根のこの山でも、登山口からシロヨメナがよくみられます。が、山頂に近づくにつれ、花が小ぶりになり、花弁がまばらになってくるのが分かります。
このあたりのものは、キントキシロヨメナと呼ばれていることを知りますが、このような形態をとるのもフォッサマグナ要素の植物の特徴でしょうか。

道の日陰にはタテヤマギクがみられましたが、すっかり残り花です。こちらは、花期がより早いようです。

2008.9.28 神奈川県箱根
2008.9.28 神奈川県箱根 2008.9.28 神奈川県箱根(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery